ミネラルって?どんな成分?についてご紹介しています。

ミネラルは、健康で長生きに欠かせない基本の栄養素!?

健やかな体作りを目指したい方のなかで「ミネラル」についてご存知の方は多いと思います。

しかし、実際に「ミネラル」が私たちの健康とどのように関わっているかについて知っている方は少ないようです。

ミネラル」は、私たちの日ごろの健康と長生きには欠かせない栄養素とよく言われています。

実際、ミネラルは、私たちの身体に必要で欠かせない栄養素のひとつです。

私たちの身体に必要な栄養素のうち「五大栄養素」と評される栄養素があります。

ビタミン・ミネラル・脂質・タンパク質・炭水化物」です。

五大栄養素の中で、ミネラルだけは体内で作り出すことができません。

外部からミネラルを摂取(せっしゅ)しなければ、体内のミネラルは減少の一途となります。

ミネラルは、ビタミンと並んで身体の元気に特に重要な働きをする栄養素で、体が解かる成分です。

ミネラルが健康で元気のために大事な、基本の栄養素によく言われていまして、30代くらいの年令の方に人気です。
30代くらいの年令で健康で元気を続けたいとき、ミネラルだけでなく多くの栄養素を摂っていこうと考える方も多くなっています。

ミネラルの補給から試していくとほかの栄養成分の吸収もだいぶ違うと言われています。
これから栄養補給をお考えの方は、まずはミネラルから摂取することで体が解かるでしょう。

ミネラルについての詳しくを書き出してみます。
ご参考にしてみてください。

ミネラル元素とは?

30代くらいの年令からミネラル水を気にして毎日飲んでいくうち体が解かる、元気になるようです。

ミネラルは、私たち人間をはじめ生命を育むものたちの体を作っている元素です。
ミネラル元素を書き出してみると下記になります。

酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、硫黄(S)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)、カルシウム(Ca)、塩素(Cl)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、フッ素(F)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、ケイ素(Si)、ヒ素(As)、ホウ素(B)、マンガン(Mn)、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、クロム(Cr)、バナジウム(V)、ニッケル(Ni)、カドニウム(Cd)、スズ(Sn)、鉛(Pb)、ストロンチウム(Sr)、ルビジウム(Rb)、アルミニウム(Al)、水銀(Hg)など。

毒性のあるヒ素や水銀もミネラルの形成要素になっていることがお解りになると思います。
書き出しました元素は、土壌、岩石に含まれています。

海水にはその全てが含まれています。

土壌のミネラル含有が減っている?!

植物が土壌からミネラルを時間を掛けて吸収し、動物はそれを食べることによって体内にミネラルを取り入れます。
しかし、最近の野菜に含まれるミネラル含有量は10年前の1/3〜1/10と言われる方もいます。

わけは、化学肥料を多用する現代農法の落とし穴で、微量成分を補給することなく、また時間をかけずに多収のみを目的とした栽培の結果であると思われます。

野菜から充分なミネラルを補給する事がなかなか難しい現代ですが、健康を思えばミネラルは補給したいでしょう。

それならば、ミネラル補給に最適なミネラル水に言われている超ミネラル水・神源水を飲用する事で十分なミネラル補給が可能です。
摂ると体が解かるでしょう。

ミネラルは必要な栄養素全体の2/3を占めています。

人間が生きるためには、約90種類の栄養素が必要といわれています。
このうちミネラルが60種類と栄養素全体の2/3を占めています。

約90種類の栄養素は、大きく5つに分類されるようです。
ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質、炭水化物の5つに分類され、この5つを称して五大栄養素と呼ばれています。

五大栄養素の中で最も含有量が多いのがタンパク質、脂質、炭水化物(三大栄養素とも呼ばれる)で、残りがビタミン、ミネラルになります。

栄養バランスの観点から言えば、ビタミンとミネラルは三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)に比べてごく微量の摂取で十分機能できると言われています。

ですが、ビタミンとミネラルが体に十分に存在していないと三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)が体内でスムーズに働く事ができないようです。

量的には微量ですが、ビタミンとミネラルは特に重要な栄養素にいわれているのはこの辺りが理由でしょう。

仮に、一時的にでも体内にもしビタミンが欠乏したとしても体内にミネラルが十分に存在すれば、ミネラルがある程度まではビタミンの役割を担う事ができるようです。
逆に、体内のミネラルが欠乏した場合、ビタミンは正常に機能を果たせなくなってしまいます。

量的に微量の存在ですが、ミネラルが一番基本という事がこうした点からもご理解いただけると思います。

五大栄養素の一つずつの働きについて。

ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質、炭水化物の五大栄養素の働きについてお話したいと思います。

下記の表にまとめてみました。
ご参考にしてみてください。

五大栄養素
三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)
・・五大栄養素の中で最も多い。 人体内でエネルギーとなり、体の活動を支える働きがある栄養素。
微量栄養素(ミネラル、ビタミン)
・・タンパク質・脂質・炭水化物がスムーズに働けるように体内の色々な機能を調節する働きがある。
タンパク質脂 質炭水化物ビタミンミネラル
筋肉、臓器、骨、皮膚、血液、ホルモン、酵素、免疫物質などをつくる。ホルモンや細胞膜や消化に必要な胆汁酸の原料となったり、細胞の機能を十分に発揮させる。炭酸ガスと水に分解され、体を動かすエネルギーになる。生命活動の様々な化学反応を助ける。
また、抗酸化作用など、栄養素以外の作用もある。
体の構成材料として、また、体の働きを円滑にするのに、欠かせない栄養素。
← ─ ─ ─ ─ 有 機 質 ─ ─ ─ ─ →←無 機 質→

ビタミンは複数の元素から、ミネラルは単体の元素から構成されています。

栄養素のビタミンとミネラルの大きな違いが構成元素になります。

ビタミンは複数の元素から構成されています。
ミネラルは、元素、つまり原子の事で、もうそれ以上別の物質に分けることができない最小単位の”元素”そのもの。

という特徴がよくいわれていまして知っている方も多いでしょう。

ビタミンは、人の体内で合成する事ができますが、ミネラルは合成できないので体外から摂取するしか補う方法がありません。

仮に、一時的にでも体内にもしビタミンが欠乏したとしても体内にミネラルが存在すれば、ミネラルがある程度まではビタミンの役割を担う事ができます。

逆に、体内のミネラルが欠乏した場合、ビタミンは正常に機能を果たせなくなってしまいます。

ミネラルは、無機質で中でもごく微量な成分が特に重要です。

ミネラル(mineral)とは鉱物、無機質のことで有機質以外の部分を構成しています。
ミネラルは元素、つまり原子(atom)のことで、もうそれ以上別の物質に分割できない栄養素です。

地球の自然界にはミネラル(元素)が約92種類以上(100種類とも言われている)存在すると言われています。

約92種類から「炭素、窒素、酸素、水素」の四大元素と希ガス類の6種類を引いた残り約82種類の内、60種類以上が人間にとっての必須栄養素に言われています。

「炭素、窒素、酸素、水素」の四大元素で全体の96%を占めていて、残りの4%が「ミネラル(微量ミネラル)」で、構成する比率的にはとても僅かなのですが、この「ミネラル(微量ミネラル)」が大きな影響力をもっています。

微量ミネラルをできれば毎日摂っていくとお体が喜ぶというかお解かりいただけるでしょう。

必須ミネラルは、主要ミネラルと微量ミネラルという分類になります。

人体にとって不可欠な栄養素(ミネラル)を「必須栄養素(必須ミネラル)」といい、その種類は60種類以上あるといわれています。

必須栄養素(必須ミネラル)は、主要ミネラルと微量ミネラルという2つの種類に分けられるようです。
主要ミネラル成分は、リン、硫黄、塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムの7種類になります。

主要ミネラルの比率は高く、必須ミネラルの約90%を占めており、残りの約10%が微量ミネラルの構成といわれています。

補足としまして、

主要ミネラル・・・成人で1日の所要量が100mg以上のもの。

微量ミネラル・・・成人で1日の所要量が100mg未満のもの。

という区別で言われているようです。

超ミネラル水 神源水は、微量ミネラルを含むたくさんのミネラル成分を含有しています。
なので、ミネラル補給に最適な飲料水と思いますし、飲んでみると体が解かるでしょう。

どうぞご利用ください。